iconicon iconicon iconicon

冬キャンプでのキャンプクーラーの役目


人気オートキャンプ ランキングアウトドアブログランキング
氷点下になるようなキャンプの場合、缶やペット・ボトル入った飲み物を外に置いておくと凍ってしまうことがあります。
そんな時、クーラーに入れることで外気温が遮断されるため、凍結を防ぐことが出来ます。本来、クーラーは中に氷や保冷剤を入れて、飲み物や食材を冷やすための道具で
すが、真冬のキャンプでは逆の発想で凍結を防止するためにも使えますよ。

icon
iconiconiconiconicon



ナチュラムで便利なキャンプ用品を見つけるicon楽天市場で格安アウトドア用品を見つける
人気オートキャンプ ランキングアウトドアブログランキング

救急病院の探し方


人気オートキャンプ ランキングアウトドアブログランキング
出先での突然の病気・怪我。
突然ですから、慌ててしまうのが常ですよね。
重体なら、素早く救急車を呼べば良いのですが・・
医者に診せた方がいいな、でも、病院やってないからなぁ〜って時ありますよね!そんな時、1番近い救急病院の場所が分かったら素早く行動できると思いませんか?結局自分で調べるしかないんですが、救急病院が必要な状態になってから、救急病院の探し方を考えるのも大変ですから、豆知識程度に頭の片隅に入れておきましょう。まぁ!大げさに書くほどの事でもないのですけど・・

電話がある、もしくは携帯電話がつながる。
自分のいる住所、地域名がわかる。
上記の場合で、救急病院が必要な場合は104電話番号案内に電話をかけて自分のいる地域で最寄りの消防署の電話番号を聞いてください。
最寄りの消防署に電話をかけて、自分のいる場所の説明を詳しくと、病人または怪我人の年齢や簡単な症状を説明しましょう。すると、消防署の人が、その日の担当救急病院から距離や症状から最適な病院を紹介してくれます。
次に、その病院に電話して当直の看護婦さんに病人、怪我人の症状を細かく説明して、看護婦さんから何か指示があれば(冷やしましょうとかね)それに従ってから病院に向かいましょう。もちろん、救急病院ですから救急の患者さんが入ってくる場合があります。すでに電話したときに先に救急の患者さんが入っている場合であれば(何時間も処置する場合も少なくないので最悪何時間も待たなければなりません)、もう一度、消防署に電話をして2番目に近いところの病院を聞いたりしておくのも良いかもしれません。

こんな感じな事を、頭の片隅に入れておいて下さい。
病人、怪我人は最寄りの消防署と覚えておけば良いかもしれないですね。
ナチュラムで便利なキャンプ用品を見つけるicon楽天市場で格安アウトドア用品を見つける
人気オートキャンプ ランキングアウトドアブログランキング

保冷剤として使う


人気オートキャンプ ランキングアウトドアブログランキング
クーラーボックスも紹介しましたので、ちょこっと保冷剤の話でもw

クーラーボックスも保冷剤を入れなければ、ただの箱ですよね。
しっかり、保冷剤いれて食品の衛生管理したほうがいいんですが・・・
結構かさばるんですね、これが・・・

保冷剤の数は最低限必要な数にしておいて、飲み物を凍らせて持って行くと
保冷剤の代わりになります。あくまで、保冷剤と併用してください。
飲み物を凍らせたからといって、保冷剤がいらないわけではないですよ。

凍らす飲み物としては、やはりペットボトルがいいでしょう。
炭酸の飲み物は厳禁です。蓋を開けて中身を少し減らしてから凍らせて下さい。

自分は必ず牛乳パックをもって行くのですが。>参照

これは、ダメでした・・・穴が空いてしまいましたTT
紙パックの飲み物を凍らすのはNGです。

あと、クーラーボックスの中身の積み込みって出発当日の朝にするんですが、どうしても、出発当日の朝はあわただしくて積み込み忘れがあったりします。

調味料や温度の関係ない物は、前日の朝にすべてクーラーボックスに放り込んでおくのをおすすめします。出発当日の朝は、食材や飲み物だにできるだけ絞り込んでおくのがいいですよ。



「オートキャンプ大好き」のTOP
ナチュラムで便利なキャンプ用品を見つけるicon楽天市場で格安アウトドア用品を見つける
人気オートキャンプ ランキングアウトドアブログランキング

牛乳パック


人気オートキャンプ ランキングアウトドアブログランキング
キャンプやバーベキューをするときに、とても便利な物
それは、1リットルの紙の牛乳パック
いや、別に牛乳パックでなくてもいいんですが
麦茶とか・・・

普段、家で飲み終わった紙パックは捨てずに取っておいてます。

何に使うというと、主に2通り

1つ目は、まな板代わりに使います。
特にこの暑い時期は衛生上の問題もあり。
生ものを切るときに、まな板代わりとして使います。

処分が楽ですし、あの紙パックの内側はなにやら特殊な構造で便利ですよ

2つ目は、炭火の処理用です。
キャンプやバーベキューへ出かけるときは、必ずこの紙パックの飲み物を持参します。
(牛乳が嫌いなのでもっぱら、麦茶ですけどね)
使い終わった炭火は、飲み終わった紙パックに水を入れてその中に放り込みます。
注意:ものすごく熱くなります。蒸気などに注意です。
きちんと、紙パックの中に炭を入れて鎮火させましょう。
しばらくたってから、中の水分を抜き取りガムテープで蓋をして持ち帰ります。
家に着いたら、綺麗にあらって干しておきましょう。
次回の、キャンプやバーベキューでまた使えます。しかも、この2度目の炭は火の付きが早くて便利ですよ。


「オートキャンプ大好き」のTOP
ナチュラムで便利なキャンプ用品を見つけるicon楽天市場で格安アウトドア用品を見つける
人気オートキャンプ ランキングアウトドアブログランキング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。